うなじ脱毛ランキング

うなじ脱毛口コミランキング2014

うなじ脱毛ランキング

ミュゼ  

フリーセレクトコース
  • 4回 ⇒ 12,000円
  • 8回 ⇒ 17,664円
ミュゼでうなじ脱毛をするなら、フリーセレクト脱毛コースになります。
8回なら1回当たりおよそ2,200円で、
さらに両ワキとVライン脱毛がプレゼントされます。
もちろんうなじ脱毛も、肌に優しいS.S.C.脱毛です。

ミュゼのうなじ脱毛の詳細はこちら

 

エピレ

フリーチョイスプラン
  • 2回 ⇒ 7,200円
  • 4回 ⇒ 13,400円 
エピレではうなじ部分は、フリーチョイスプランで脱毛できます。
えりあしだけなら狭い範囲のSパーツプランを選べばOK!

12回コースになると2回分のSパーツ脱毛がプレゼントされます。

エピレのうなじ脱毛の詳細はこちら

 

リンリン

部分脱毛プラン
  • 4回 ⇒ 9,800円
  • 8回 ⇒ 12,800円 
リンリンのうなじ脱毛は、部分脱毛プラン。
初めての人限定価格なので、とってもお得な料金が設定されています。

通常料金は、4回で18,000円、8回で24,000円です。

リンリンのうなじ脱毛の詳細はこちら



うなじ脱毛って?


浴衣の女性
うなじの部分に生えてくる産毛が気になっているという人は、少なくありません。

特に髪の毛を短めにしていると、襟足のあたりに毛が目立つ場合もあるのですが、
自分で直接見ることはできない部分ですからストレスにもなります。

最近は脱毛サロンで施術に対応する部位を細分化しつつある傾向もあって、
うなじ脱毛への対応も増えてきました。

髪の毛との境界線が不自然にならないよう、
デザインは希望に沿ったものにしてもらうことが可能ですから、心配することはありません。

それほど施術は広い範囲へ及ばないため、
1回の施術ごとに一通りの処理をすることはできるようになっています。

1回から2回程度の施術で効果が感じられるようになり、
おおよそ半年から1年の間には完了することになります。

また、うなじには範囲の個人差もあるのですが、その違いに応じて料金設定を変えているという脱毛サロンはありません。

毛質については比較的細くやわらかいながら、ある程度の長さにまでは伸びるものですから、
脱毛施術が行われる前にはいったんシェービングをしなければなりません。

脱毛機器は一定の硬さや太さがある毛により効果を発揮するものであるため、
うなじのような毛質の毛ですと、伸びたままの状態で施術をしても効果が現れにくいのです。

うなじ脱毛の形はどうする?

襟足のあたりは、暑い時期になると熱がこもるようにもなって不快感が増します。
身体でも下の部分から放熱しているということもあり、
髪の毛やうなじが熱を遮ってしまうという場合もあるのです。

近年は猛暑日なども増えていて、そのようなことも関係しているのか、
うなじ脱毛の人気が以前よりも高まってきています。

脱毛サロンで施術を受けるにあたっては、形を自分で希望することができるほか、
客観的に見て違和感がない形について提案を受けることも可能です。

自分では毛が生えている状態から理想の形をイメージしますが、
施術が行われるにあたってはあらかじめシェービングが行われ、
ムダ毛が残っていない状態にして脱毛機器の効果を高めるようにします。
その状態に合わせて、自然な形がすすめられるということになります。

何もされていない状態とシェービングされた状態ではまたイメージも違っていますから、
施術へ入る前に確認することができますから安心です。
うなじの部分は肌が敏感ですから、脱毛施術では患部について十分な冷却処理もなされています。

「境界」となる部分については、ヘラなどを使って
残しておきたい毛へ脱毛機器の効力が及ばないようカバーもなされますから、
仕上がりが不自然になるということもありません。

うなじ脱毛の範囲はどこまで?

うなじという部位はそれ自体、髪の毛の襟足部分と境界が曖昧になっているところもあります。
下は背中へ続く部分でもあり、うなじ脱毛の施術を受けるにもその範囲がわかりにくいところです。

国語辞典を調べてみても「首の後ろ」とされていて、明確に範囲が規定されているというわけではありません。
ただ脱毛のパーツとして設定されている場合には、当然ながらほかのパーツと重複しないようになっています。

うなじ 上につながる部分が髪の毛であることはわかりますが、
斜め上というと耳の後ろあたりになります。

人によってはそのあたりに長め、濃いめのムダ毛が生えていることもあるのですが、
これは範囲として含まれないことが一般的です。

全体的にバランスを整えたいという場合には、周囲のパーツについても
脱毛メニューを選択する必要があるケースもあります。

サロンによる対応の違いもあり、周囲とのバランスを考えて仕上がりのイメージを確認した上で、
うなじ脱毛の施術に入るという場合もあります。

襟足の髪が伸びてくると、上からうなじを覆ってしまうようにもなりますから、
施術では誤って襟足の毛に脱毛機器の効果が及ばないよう、光を遮断するなどといった工夫がなされています。

うなじ脱毛の回数はどのくらい必要?

うなじは必ずしも、常に目立っているという部分ではありません。
髪の毛などとのかねあいも考えながら、うなじ脱毛を考えるということになります。

施術に必要な回数は、施術方法によって異なっています。
うなじ脱毛ではそのほかの部位と同じように
ニードル脱毛、光脱毛、レーザー脱毛といった施術方法がとられています。

2~3ヶ月ごとに通うようなペースになり、1年から2年で施術が完了しますから、
15回前後で考えると良いでしょう。

すべての脱毛サロンがすべての方法に対応しているわけではありませんから、
自分のイメージするうなじに適している施術方法をベースにして、
利用するサロンの検討にあたると効率的です。

うなじの部分は総じてアルファベットの「W」のようになっていて、
自然なかたちで毛を減らしたいということであれば、針脱毛が適しています。
1本ずつ処理するために時間はかかるのですが、違和感のない仕上がりにすることができます。

毛がなくて良いという部分については、
広い範囲を一度に処理することのできるレーザー脱毛や光脱毛で
済ませてしまって問題ありません。

そういったことを考えると、複数の施術方法を選択することのできる
サロンやクリニックがあれば、スピーディに理想のうなじへ近づけることが可能です。

うなじ脱毛と髪の毛

うなじ脱毛を考える人の理由としては、髪の毛をアップスタイルへする際に
毛の生え方が目立つといったことが大きなものとして挙げられます。

うなじの状態は個人差も非常に大きいのですが、
人によっては産毛と形容するには不自然であるほど、
襟足に太い毛が密集しているケースもあるのです。

これは見た目には嫌なものですが、
うなじの脱毛施術を受けるにあたってはむしろ好都合となります。

施術のときに使用される機器は、
毛が太く黒いほどに高い脱毛効果を発揮するようになっているのです。

毛の黒さはメラニンという色素によってもたらされているものであり、
太く黒々としている毛であるほど、メラニンが濃いということになります。

そして脱毛機器は、メラニンに反応して毛根部分へはたらきかけます。
毛根部分の組織を破壊して、毛が自然に抜けていくようにするのです。
メラニンの色素が濃いほどに、しっかり機器の効果も行き届くということになります。

うなじは刺激に対して比較的敏感な部位でもあるため、
できればそれほど回数や時間をかけずに施術を済ませたいところもあります。

このように光脱毛は、うぶ毛よりも黒くしっかりした毛に効果が現れやすいのです。

ワキなども比較的メラニンの色素が濃い部分です。
お手入れが面倒であることからも、最初の脱毛部位として
ワキ脱毛を選ぶ人が多いのも頷けます。

毛が濃いことは嫌なものですが、こと脱毛施術を受けるということであれば、
十分に効果を期待することができます。

Copyright © うなじ脱毛口コミランキング2014 All Rights Reserved.